【飲食店】SNS活用の効果ってあるの?2位はツイッター・1位は〇〇、その理由は?

ビジネス

こんにちは。

アイドリングトークコンサルティングの伊藤です。

 

今回は、「飲食店のSNS活用に関する100人30秒アンケート」を実施しました。

アンケート対象は、20代~60代の「女性」です。

 

この内容は、

・集客をどうしようか悩んでいる飲食店

・SNSを活用しようとしているけど、迷っている飲食店

・飲食店を開業予定

の方向けになります。

 

このアンケート結果を見ると、「いかに多くのお客様がSNSをたよりに飲食店を探しているか」分かると思います。

ツイッターやインスタグラム、facebookなど、どの媒体が効果的であるかも分かりますよ。

 

結果は、この動画に凝縮させました。3分程度でさくっと見れます。

もはや、飲食店のSNSを活用した販売促進は必須の時代に入ったと思います。

では、早速紹介していきますね。

【質問1】飲食店からのSNSを見て、実際に店に行った経験はありますか?

この質問は4択で実施しました。

①頻繁にある
②たまにある
③あまりない
④ほとんどない

このことで、まずはSNS自体に発信の効果があるかどうか知りたかったですね。

さて、みなさんの予想はどうですか?

【質問2】SNS媒体は何ですか?

この質問も4択です。

①twitter
②Instagram
③facebook
④YouTube

個人的な感想としては、④のYouTubeがどれだけ影響があるかが興味深かったのですが、やっぱり強い媒体は写真でしたね。

【質問3】投稿を見てから、いつ行きましたか?

この質問に関しては、自由記述で書いていただき、それをまとめました。

結果を見てみると、飲食店のSNSによる発信は、上手く相手に届くと「即効性」があるということです。

即効性があるということは、発信するタイミング・すなわち相手が飲食店を探すタイミングで見てくれれば、来店する確率が上がっていくということが分かります。

 

もっというと、発信することを消費者が分かってくれてれば目に触れる可能性が高まるということです。

そのために必要な作戦はなんでしょうか?

①継続発信
②定刻発信
③興味深い発信

あたりがとても効果が高いです。

では、興味を引く内容とはどんな内容なのでしょうか?

次は投稿内容に関して紹介していきますね。

【質問4】投稿のどんな内容に興味を持ちましたか?

この質問に関しては、回答者の思考を限定させたくないので、自由記述で書いてもらいました。

やっぱり、美味しそうな料理の写真が圧倒的に多かったのですが、もう一つ、写真で重要なのが店内の雰囲気というものでした。

 

以前のアンケート結果「私が、あの飲食店を選ばない理由」でも多かった声が、なんと店内の雰囲気なのです。

女性が、飲食店に求めているものは料理だけでは無いと言う仮説が強くなったアンケートでした。

 

動画はこちらです。もちろん、「料理(味)のレベルは一定程度高い」という前提でアンケートをとってます。

もはや、SNS活用は必須となりました。効果的にターゲットにアプローチしていきましょう。

美味しい飲食店があるのに、たどり着けないことは、お客様にとっても可哀そうなことですからね。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ