【夢に向かう】クリアファイル仕上がりました。

ビジネス

こんにちは。

今日は、少し嬉しい知らせの報告です。

この度、弊社アイドリングトークコンサルティングのクリアファイル(第二弾)が出来上がりました。

出来るだけ、経営理念である「正夢」を追求したイメージにしたかったので、ライトノベルに強いデザイナーさんに製作していただきました。

コンサルティングは「専門書」「教本」でなくていい

常々、コンサルティングは「夢の追求」をお手伝いする仕事であると思っています。

専門は支援する側の頭の中にあれば良く、最も重要なのは「行動を促すこと」であると思っています。

 

ライトノベル > 専門書

これを聞いてどんなイメージを持つでしょうか?

私は、「手に取りやすい、初心者にも易しそうなのがライトノベル」というイメージです。

 

でも、ライトノベルは手に取り易いばかりでは無いですよ。

思春期や成長期の「感性」を高め、さらなる文学にステップアップさせるという「知的好奇心」を伸ばす大切な役割を持っていると思います。

最近ではシニアのファンもすごく多いジャンルですし。

 

タイミングで必要なものは変わってきます。

教書や専門書なるものは、本来は与えられるものでは無く自分で手に取る事が最適解であり、

その為には、必要なタイミングで、最適なものに触れることの方がとても重要と思います。

「木漏れ日」を集める

クリアファイルのデザインには第一弾も第二弾も「木漏れ日」の写真を元にデザインしました。

ふるさと、陸前高田市の名勝「高田松原」の六万本の松林は東日本大震災で失われてしまいましたが、その木漏れ日は今でも私の脳裏に生き続けています。

 

余談ですが「木漏れ日」が好きな理由は、

子供のころ、木漏れ日を集めると夢が叶う気がしてたから。

ただそれだけです。

でも、「キラキラ」と浴びるためには、休まず前に歩いていかなければ感じれないものが「木漏れ日」であったりします。

知的好奇心を促す

「感動で」というのは大げさですし、私には荷が重すぎます。

でも、一つでも、ベビーステップでもいいから行動を促す支援を心がけていきたいです。

そんなアイドリングトークを、これからもよろしくです。

関連記事

最近の記事

  1. 【多摩大学】にて学生向け創業セミナーを行いました【がんばろうね】

  2. 【夢に向かう】クリアファイル仕上がりました。

  3. 【店頭販促の広場】24時間店頭販促で差別化!!【静的販促奇襲法】

カテゴリー

カテゴリー

アーカイブ